読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まってる新時代

山田担を拗らせたジャニヲタです

Hey!Say!JUMP 24時間テレビメインパーソナリティへの軌跡


Hey! Say! JUMPさん、V6さん、24時間テレビメインパーソナリティおめでとうございます!


JUMPにはまだまだ無縁だと思っていた24時間テレビ、正直まだまだ無縁で居たかったなという気持ちもあります。

でもきっと24時間テレビメインパーソナリティって、グループにとって1つの大きな区切りであり、とっても喜ばしくて光栄なことなんだろうなと思います。そこで、喜びを感じるためにも、この1つの区切りに到達するまでのHey!Say!JUMPの歩みをわたしの主観で簡単に振り返ってみたいな、と

f:id:sukiyamd:20150408041434j:plain


★2007年

  • 9月24日結成発表、11月14日デビュー
  • 「Ultra Music Power」オリコン初登場1位
  • レギュラー番組「平成ファミリーズ」(中島、山田、森本)「Hi! Hey!Say!」(薮、八乙女)
  • ファーストコンサート いきなり! in東京ドーム


表向きは華々しいデビューでした。
しかし、既存グループを解体し人気Jr.を寄せ集め、先輩を追い越す形でのデビュー。批判も多かったし、「常にアウェーだった、俺ら。どこ行っても。」(myojo 有岡くん1万字インタビューより)グループ内でも、デビューコンサートでそれはまあ露骨に表れた人気の差によってメンバー間にちょっとしたわだかまりが生まれたりもしていたようです。

それでも他グループに比べたら大した苦労もせずに若いうちにデビューし、その後も然るべきステージが用意されてきたグループなんだろうなとは思います。


★2008年

  • ラジオ「Hey!Say!7 Ultra Power」開始(〜現在)
  • 春、夏、冬にコンサートツアー開催
Hey!Say!JUMPの代名詞、春夏冬コンサートツアーの始まりです!ヤッター!ここから順調に「会いに行けるジャニーズ」としての道を歩んでいくことになります。わたしたちJUMP担はつい最近までこれが普通だと思っていました。全然普通じゃない。


★2009年
  • CDのリリースなし
  • 「スクール革命!」(山田、知念、八乙女) 開始(〜現在)
  • コンサート
「Hey!Say!7 spring concert 09 MONKEY」(7単独)
「Hey!Say!JUMP CONCERT TOUR '09春」
「Hey! Say! サマーコンサート'09 JUMP天国TENGOKU-」
「Hey!Say!JUMP TENGOKU DOME」(ファンクラブ発足)
Hey! Say! JUMP WINTER CONCERT 09-10」

ただひたすら狂ったようにコンサートを開催している。たとえ薮くん出演舞台とスケジュールがガッツリ被ろうとも、薮くん不在でコンサートを開催している。コンサートマストゴーオン。
そしてこの年はCDリリースがありませんでした。えっ。1年半もの間新曲が出ませんでした。えっ。しかし年末の歌番組には(事務所の力で)出演しました。披露すべき曲のない彼らがMステスーパーライブで歌ったのはクリスマスソングメドレーでした……

そしてメンバー間の人気の差が、仕事に表れだしたのもこのあたりだった気がします。デビュー当時から形を変えながら続いていた日曜お昼のレギュラー番組のメンバーが山田、知念、八乙女に変更になり、山田知念はNYC boysと兼任となり、山田は「左目探偵EYE(スペシャルドラマ・主演)」「1ポンドの福音」などにも出演。「Hey!Say!JUMPってあれだよね?山田くんだよね?」ばっかり言われました。

★2010年 
  • 「ザ少年倶楽部」レギュラー出演開始
  • ファーストアルバム「JUMP No.1」発売


相変わらずコンサートは春夏冬に開催しています。そしてデビューから3年、ようやくファーストアルバムが出ました。ちなみにキスマイはデビューから約7ヶ月、sexy zoneは約1年。3倍。


★2011年

一応言うけど、もちろんコンサートは春夏冬に開催しています。ヤンヤンJUMPは全員の冠番組として始まりましたが、気づいたときには薮くんと光くんの2人になっていて、2年後には終了していました。

そしてメンバーが1人減りました。突然降りかかった大好きなグループのメンバーの活動停止処分って、もう超絶動揺して勉強も手につかず(当時高校の中間テスト直前でした)、個人的には天地がひっくり返るほどの大事件でしたが、世間では単なる芸能ニュースの1つという扱いだった気がします。当時のHey!Say!JUMPにはそこまでの話題性がなかったんでしょうね。


★2012年-2013年
  • 初の海外ツアー開催を発表、5月香港公演開催
  • 11月-1月座長として舞台「JOHNNYS' World」出演
  • 2013年1月山田が「ミステリーヴァージン」でソロデビュー
  • 全国へJUMPツアー開催、ドーム公演を行うも全く埋まらずスーパージャンピングシート・スカイステージなどを導入

海外ツアーとか言っときながら香港公演以外気づいたら全部なくなってた。なんだったんだろうあれ。
そして冬にコンサートの代わりに舞い込んできた仕事がJWでした。山田を「今入ってる仕事が全部終わったらジャニーズ辞めさせて下さい」というところまで追い詰めた伝説の舞台です。3ヶ月に及ぶ肉体的・精神的激務。期間中に山田はメンバーに背中を押される形でソロデビューもしました。が、元々JUMPの中で自分1人だけ抜き出ることにかなり抵抗があったようなので、この時期は本当に目に見えて病んでいた。けれどもその儚さが格別に美しかったなあと辞めないでくれている今となっては思います。
今でこそ後輩に受け継ぎ、JUMP座長公演はなかったことにされようとしている感じがひしひしとしますけど、この舞台は色んな意味で大きかったなあと思います。わたしたちの記憶からは永遠に消しませんから!!!!!!!!!

そして2013年の全国へJUMPツアーのドーム公演は本当にチケットが売れずSexy zoneA.B.C-Zに援護を頼んだだけでなく、アリーナを全て潰しスーパージャンピングシートやらスカイステージやらを作り極限まで座席を潰す本当に悲惨な状況だった。ツアーを通じてメンバーからも「僕たちから離れないでください」「他のグループに行っちゃダメですよ?」などの発言が目立っていて、本人達も相当に危機感を感じているんだろうなあという印象でした。

テレビの仕事やCDのリリースが極端に少なく、ただひたすらにヲタク向けコンサートを開催しているだけのHey!Say!JUMPに飽きて、実際友人達もボロボロと降りていっていました。世間一般でも、依然としてメンバーの認知度には大きな差があって"みんなで一緒に"という意識が強いHey! Wa! JUMPには苦痛な環境だったんじゃないかなあと思います。そんな環境だったので、ヲタク側としてもテレビに出るとなればいちいちお祭り騒ぎしていたし、CDなんか1枚で短くとも半年は楽しんでた。超低燃費。

若くしてデビューし、箱庭で育った彼らは自分達の意志を大人たちに伝えることも、反抗することも出来なかったんだろうなと思います。



そんな彼らが、2013年夏に本人達の意志で飯島派閥からジュリー派閥へと転向したと言われています。
詳細は割愛しますが、ここからが凄かった。まず春夏冬にコンサートを開催しなくなった。そしてコンサートに彼らの意志が組み込まれるようになった。テレビにも出れるようになった。冠番組やメンバー各々がレギュラー番組を持てるようになった。そして昨年2014年にはメンバー全員がドラマに出演。今ここが新時代すぎている

2015年に入り、テレビ出演ごときでいちいちお祭り騒ぎなんかしていられないくらい どんどん個々の仕事が充実していく中で発表されたのが、24時間テレビメインパーソナリティ。

たった1年半前まで既存ヲタクを相手にしたコンサートビジネスで生計を立てて悲壮感を漂わせていたグループが、今やそれぞれが個人で活躍し、グループとしても24時間テレビに挑める現状ってもはや奇跡?!?!1年で合計24時間テレビに出ているかどうかすら危うかった人たちが24時間ずっとテレビに出る?!?!


正直、この1年半で怒涛のように訪れている変化についていけていない部分もあります。今までずっと狭い狭〜いところでヲタクだけで大事に大事にしてきたJUMPが、急にすごい勢いで外に出て行っちゃって。小さいところに閉じこめてた方が楽しいに決まってるんですよね。すぐ会いに行けて、団扇を見せれば気づいて反応してくれる距離にいて。

でもJUMPには大きくなってほしいなって気持ちももちろんあって。今回の24時間テレビは、早くも遅くもない、JUMPがやっと掴めた全員で多くの人の目に触れるチャンスなのかなと思います。

自分達の意志で歩み始めたばかりのJUMPは確かにまだまだ未熟なんだと思います。芸歴の割に様々な面で経験が浅くて、トークも下手で絶望的に面白くないし、ツアーの構成を組めば期待の斜め上をいくとんちんかんなセトリを作ってくる etc…心当たりは腐るほどある…

だからといって「暗殺教室」や今回の24時間テレビのように、先輩の力を借りられるのも本当に今だけなんだろうなと思います。いつまでもフレッシュな新人扱いされているけど、実はもうデビュー8年目なんですよねこれが!デビュー年数にしたらKAT-TUNと1年半ほどしか変わらないって知ってました?!
頼りがいのある先輩の胸を借りつつ、自分達の力で成果を出してほしいなと思います。

このチャンスで彼らがV6さんとどう掛け合って、どんなメインパーソナリティぶりを発揮するのか、お涙頂戴ものはとってもとっっても苦手だけれど、JUMPに免じてちゃんと見ようかなと思います。V6お父さん、今回はお世話になります、よろしくお願いします!!!!




改めて、Hey!Say!JUMPさん、V6さん、24時間テレビメインパーソナリティおめでとうございます。楽しみにしています。

以上、長い長いわたしの決意表明でした。