読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まってる新時代

山田担を拗らせたジャニヲタです

2015年を振り返る。


あと2日で2015年も終わり。早い!怖い!
就活とか就活とか就活とか、色々(?)あった今年も結局はオタクな1年でした。大阪に向かう新幹線の中なのでささっ〜と振り返りたいと思います。


1月   マッチ35周年記念コンサート2014-2015
3月   暗殺教室日舞台挨拶
4月   カラフト伯父さん
5月   quarter(KAT-TUN)
         burst!〜危険な2人〜
6月   ワクワク学校
7月   HERO初日舞台挨拶  
        JUMPingCARnival宮城
9月   グラスホッパー完成披露試写会
10月  JUMPingCARnival横浜×3
          V6代々木
11月  グラスホッパー日舞台挨拶        
          Japonism(嵐)
12月  JUMPカウコン


カウントダウンコンサートに行ったつもりが何故かマッチ35周年記念コンサートで幕を開けた2015年。
出だしから詐欺に遭った()ものの楽しい1年でした。クソDDっぷりを存分に発揮(^o^)/ 引くほど思い入れていたグラスホッパーの完成披露試写会/初日舞台挨拶はどちらも自分名義で当たるという奇跡も起きました。神様ありがとう。本気で願えば叶うのですね(宗教的)。そのおかげで舞台挨拶と名古屋での嵐コンサートをはしごしてその日のうちに東京に帰ってくるとかいう弾丸ツアーもした。わたしもまだまだ若い(^o^)/

今年は長年コンサートにお邪魔してみたかったKAT-TUN、V6のコンサートにも行くことが出来た。V6に関しては軽率に足を踏み入れたことを反省はしているが後悔はしていない。すごく楽しかった。←
今年はSMAPのコンサートこそなかったけれど、V6、嵐、KAT-TUNとたくさんの先輩のコンサートにお邪魔して、それぞれのグループがそれぞれに凄いからジャニーズって凄い!SMAPのコンサートこそ最高のエンターテインメントだと信じて疑ってこなかったけど、色んなエンターテインメントの形があるんだなって。JUMPのコンサートにはここ数年で1番参加していなくて、山田に固執(激重)出来なくなった分、軽率に色んな人に沸けて楽しかったなと思う。

でもどのコンサートに行っても、JUMPだったら、JUMPにもこうなって欲しい、とどこかで思ってしまうわたしはやっぱりJUMP担なんだなあと。


激私情ながら少〜しだけ反響を頂いたこの記事にも書いたように、今年は本当に彼らにとって大きな1年だったのだと思う。彼らを取り巻く環境がガラリと変わった。あれだけ売れることを願っていたはずだったのにJUMPと世間と自分の間にズレを感じてしんどくなった。このツアーから月日が経った今では、既にしんどさが8割を占めている。でもわたしは大阪に向かう(使命感)。意地を満たすために山田担をしているのだと思う。

でも結局やっぱりJUMPが、山田が好きだった。そもそもここまできて嫌いになれるはずがない。10周年を迎えればある程度意地も満たされるのかもしれない、社会人になって環境が変われば何かが変わるのかもしれない、けど、結局2016年も山田担なんだろうなあとは思う。

というわけで2015年の終わりも、2016年の始まりも激重山田担としてむかえます!誰担だろうが、ヲタクだろうがヲタクじゃなかろうが、来年も楽しく生きれればそれでいいです!DD万歳!←

今年もお世話になりました!!!来年もよろしくお願いします!!!