読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まってる新時代

山田担を拗らせたジャニヲタです

SMAPとジャニーズという"夢と希望"を失った

 

SMAP存続!
 
2016年1月18日SMAP×SMAPでの緊急生放送で行われた謝罪会見の翌日、様々なメディアがSMAPの存続を伝えた。確かにSMAPは解散しないかもしれない、でもあの会見を見て、ああわたしたちはSMAPを失ったんだなと思った。
 
緊急生放送が始まったとき、注目は「解散するのか、しないのか」というところにあり、SMAPから言葉が発せられるのを固唾を飲んで見守った。でも彼らは「解散するのか、しないのか」には全く言及せず、ただ謝り、今後も頑張るという旨を述べただけだった。なんだか分からないけど謝っていた。いや本当なんか知らないけど謝ってた。
最初は全く理解が出来ず、「とりあえず解散はしないってことかな…?」と安堵すらしかけた。でも、Twitterがサーバーダウンをしてただ自分が見たものを咀嚼するしかなかったあの時間に、段々と自分の中に湧いてきたのは絶望だった。
 
散々言われているけれど、あの謝罪会見ではいつも"SMAPの言葉"をまとめてくれる中居くんが、4番目にテンプレの謝罪文しか話さなかった。話させてもらえなかったのかもしれない。そして極めつけはつよぽんの発した『ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今僕らはここに立てています』という言葉だった。ジャニーさん=事務所に謝って許しを得なければSMAP5人として集まって人前に出ることも出来ない、そういう状況に彼らはあって、世論に応えるためなのか何なのかは分からないけれど彼らはその道を選んだということ。まさしく後ろから銃を突き付けられたような顔で到底彼らの言葉とは思えないような言葉を発するSMAP、というあの映像は、もう事務所への降伏宣言、そして事務所による公開処刑にしか見えなかった。
今後、解散せずともあの事務所でSMAPが今までどおりに活動できるとは思えなかったし、活動できたとしてもこの映像がある限り今までどおりの国民に夢と元気を与えるアイドルSMAPではいられないだろうと思った。わたしの中でSMAPが失われた瞬間だった。
 
Twitterなどでもジャニーズ事務所のヤクザ性みたいなものが大きく話題になり、可哀想なSMAP・残虐なジャニーズ事務所みたいな構図が出来上がっていて、あの謝罪会見で納得している人はほとんどいなかった。謝罪会見への感想・SMAPへのメッセージを募集した#めざましテレビハッシュタグは面白いくらいにマイナス意見で炎上していた。それでも翌日メディアが報じたのは手放しで、というほどではなくても「SMAP存続!」という前向きなものばかりだった。1つの事務所の権力に脅え、大勢が気づいている事実(?)すらも伝えられないのが日本のマスコミの現状なのかと改めて感じ、辟易した。
 
あれから数日経った今でも、様々な報道がなされている。本人達の言葉や、自分が見たもの以外は「信じない」という選択をすることが出来る。だからわたしは続報のほとんどを見出しレベルでしか知らない。でも今回の総動が起きてから、友人みんなにSMAPについて聞かれる。あまりにも聞かれるもんだから"ジャニーズ派閥問題からSMAP解散騒動まで"を池上彰並みに分かりやすく解説出来る自信がある。(笑)それだけSMAP解散騒動が多くの人の注目を集め、ジャニーズ事務所の問題が多くの人のものになったということだろう。しかし、世間の人たちはオタクではないのでそれは一時的なものであり、全てを知ろうとする必要もない。断片的な報道のカケラだけで理解しようとする。でもそれが世論であり、どんどん大きくなっていく。
 
ジャニーズ派閥問題はジャニヲタだけで憂いていればよかったし、元々真実なんかこちらには分かりっこないのだ。わたしたちファンはアイドルに、事務所に見せられるものを信じるしかない。だからこそあの謝罪会見は最低最悪だった。
どんな報道があろうと(もしも!もしも!今回の騒動はSMAPに全面的に非があったのだとしても)今は、所属タレントにあんな顔で公開処刑とも取れる謝罪会見を行わせる事務所だということだけが動かぬ事実だ。言葉は悪いしかなり大袈裟だけど、ジャニーズアイドルは事務所という檻の中で鎖に繋がれた従順な犬でなければならないのだ。そんなジャニーズのどこに夢や希望を見出せというのだろう?
確かにSMAPに解散してほしくなかったけど、でもだからと言ってあんな姿は見たくなかった。わたしは後輩グループにも好きなタレントがいる。彼らには何の罪もない。きっと彼らは物凄く理不尽な場所で生きていて、それでも、夢と希望を届け続けてくれていた。現実など絶対に見せてはいけなかった。わたしはもう"ジャニーズ"を好きになることが出来ない。
 
 
でもわたしはまだSMAPを諦めたくないし、他のタレントのことだって嫌いになんかなれない。だってタレント本人は何も悪くない。いくら考えたって、ジャニーズは嫌いだけどSMAPもJUMPも好きなのだ。なんでわたしの好きなアイドルはみんなジャニーズ事務所所属なんだと心から思う、でもきっとジャニーズだから好きになった。ああくそ!!!悔しい悔しい悔しい悔しい!!!!!!!!!
 
 
中居くんは「踏ん張る」拓哉さんは「信じてついてきて」と言った。これが今、唯一の本当にSMAPが発している言葉ではないかなと思う。もうSMAPのことしか信じないし、信じている。
何かを許したり忘れるにはきっと「でも○○したから」っていう見返りが必要で、だから今回のことで何かが変わればいいなと思う。芸能事務所の言いなりで何も発信出来ないマスコミでも、ジャニーズ事務所が強大な力を持ちすぎた芸能界でも、事務所の在り方でも何でもいい。これだけ事が大きくなって何も問題点が改善されずSMAPだけが淘汰されていくのだとしたら、本当にそこには絶望しか存在しない。
 
踏ん張って踏ん張って踏ん張り続けた先に、またSMAPやジャニーズに素直に元気を貰える世界があってほしい、それが今残っている夢と希望だ。