読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まってる新時代

山田担を拗らせたジャニヲタです

東西SHOW合戦がとても楽しかった話

 

すごくすごくお久しぶりのブログ更新となりまして。

 

ブログを更新しない間に何故かわたしはJr.現場に手を出し、まんまと沼に片足のつま先を突っ込んで帰ってきました。まだ片足のつま先だけだから。

最ッ高に楽しかった…!!!!!!

「今のJr.には誰にもマジで興味持てない(鼻ほじ)」とか言ってたわたしは何処へ。あぁ。

 

 

ずっと昔から存在は知っていたし何度も生で見たこともあった京本大我くんに、本当に、本当に突如興味を持ったわたしの前に現れた東西SHOW合戦とかいうデビュー担にはあまり馴染みのない謎現場 in 新橋演舞場

最初は「イヤイヤまだ現場に1人で行くほど興味はないわ✋🏻」などと自分に言い聞かせてそんなに行く気もなかったのですが、あまりに評判が良いので結局どうしても行きたくなって行きました東西SHOW合戦。1人で。

でも本当に行ってよかったです現場は行きたいときが1番の行きどきですね!!!(?)

 

 

・OP(IN THE STORM)から最高

「〜〜〜〜、SixTONES!」(記憶が雑)って紹介されてステージが開いて出てきた瞬間IN THE STORM歌うわけですよ。強い。超強い。曲調も絵面もストンズも掴みとしても何もかもが強い。このオリ曲は強い。

 

 

・関西のさすがのノリと実力

なにせつい最近までJr.には興味がないと鼻をほじっていた人間、京本大我さんの属するSixTONESについてはそれぞれ昔から知っている&Youtubeで夜な夜な動画を見ていたのでいいのですが、"東西"SHOW合戦の"西"の方がまあワカラナイ。名前と顔しか知らない。下手したら名前と顔も一致してない。こりゃ関西コーナー暇だな…と思っていたのですが、全くそんなことなかった〜〜!

口を開けば笑いを取りにいく、かと思えばガシガシ踊る、かと思えばすぐボケる、暇してる暇がありませんでした。さすがの関西のノリと実力!お陰様でずっと楽しかった!これ、今回の東西が楽しかった要因として、とても大きいと思うのです。

 

 

大西流星くんがかわいい

そして大西流星くんのかわいさ。チビ流星のイメージしかなかったのですがいつのまにあんなに大きくなったんですか。

妖精さんの格好をしてお兄さん達がボケ倒している間(長時間)も律儀にずーーっと眩しがり続ける健気さとか、みんなに可愛がられてる姿に婆心がくすぐられました……今まで全く気づいていなかった自分の中のショタの可能性に気づいてしまった感は正直ある。  だからもう見ません(?)

 

 

・猫中毒が天才

そんな大西流星くんときょもほくが猫の格好してニャーニャーシャーシャー言うけしからん曲。わたし今までヲタクやってきてジャニーズにあんまり可愛いを求めてこなかったんですけど、これは酷い。これはずるい。無意識にニヤニヤしてる自分に気がついて鳥肌立った。圧倒的に自分たちへの需要について理解している天才的な選曲。怖い。

ヲタク相手にぶりっ子すると言うよりも、流星くん相手にニャーニャーシャーシャーしてる大我が最高だった。映像をください、お願いします。

 

 

・Amazing!!!!!! すごい

自分の記憶力と表現力のなさ故にあほっぽい感想しか出てこないんですけど、すごいんです。SixTONESの新曲らしいですけど世界観ゴリゴリ。あれだけしっかり世界観を見せられるのも凄い。早く少年倶楽部でやってください。このオリ曲も強い。

 

 

 ・京本大我がめちゃめちゃにアイドル

最初は雰囲気に騙されてたんですけどよくよく見てるとバスケではバックのJr.かな?みたいなアシスタント業務しかしてないし、唯一バク転もしないし(親が過保護なので)、喋ると頭おかしいし、アッこの人結構ぽんこつだなってすぐ気づいちゃったんですけど。それ以上の歌唱力と顔面力と何より圧倒的な自分を魅せる力。めちゃめちゃアイドルだった。パフォーマンス見てるとそうそう!それそれ!!それが見たかった!!!ってなるし、なんならこちらが見たいものを超えてくるからいちいち最高だった。

 

 

 

そんな感じで東西SHOW合戦は歌あり、ダンスあり、バスケあり、みんな大好き和装あり、コントあり、ロシアンたこ焼きあり、それぞれの新曲ありの、かっこよくてかわいくて笑える最高な現場だったのです。ちょっと覗くだけのつもりで扉を開けてみたら開けた途端沼だった感……(⌒-⌒; )

 

正直SixTONESKAT-TUNに寄せたスクールカースト上位集団(苦手)くらいに思ってたんですけど、彼らは自分たちの魅せ方をちゃんと分かってるなと。自分達の魅力も、求められているものもめちゃめちゃ理解した上で、それをちゃんとパフォーマンスで見せてくる。スゴイ。めっっちゃアイドル。ゆえの圧倒的強さ。

あとは、パフォーマンス以外での自分達の見られ方ももう少し意識出来るようになったら、このグループは恐ろしいなと思いました。

 

ずっと山田とJUMP以外には大した興味もなくやってきたので(SMAPは別枠)ここに自ら望んで足を運んだこと自体が個人的には結構な大事件。2017年、こんなはずじゃなかった。だが後悔も反省もしていない。普段よく行く現場は大体セトリには不満しかないところを本人達の魅力だけでカバーしているような現場だから…………………

 

これだけみんなが声を揃えて「最高」って言う現場ってそうそうないし、その高揚感というか一体感というかを感じられてラッキー!あんなの味わったらちょっとスト担してみたくもなっちゃう()   たまたま京本さんのことが気になったタイミングが東西直前だったのはかなり運が良かったなと思います。一歩間違ったら不幸でもあるけどね。もういい大人だから間違わないようにするね。

 

終わり方が分からなくなりましたけど、以上、東西SHOW合戦が最高だったという話でした。ありがとうございました。