読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まってる新時代

山田担を拗らせたジャニヲタです

『グラスホッパー』完成披露試写会に行ってきました

 

※内容に触れるつもりはないのでネタバレはないと思いますが、気にされる方はご注意ください。

 

 

情報が解禁されたときからちょーーーーーー楽しみにしていた、山田担やってきて1番嬉しいお仕事かもしれない(;;)とまで思った、"映画に出たい"と公言していた山田の思いを最高の形で叶えてくれたと思った、映画『グラスホッパー』。

 

後から発表された『暗殺教室』に初出演も初主演もあっけなく掻っ攫われましたが、勝手にドチャクソ思い入れている"初撮影"映画。

 

そんなグラスホッパーの完成披露試写会に運良く行ってきましたアァ!ありがとう神様アァァォェェ(;;)(嗚咽) 応募協力してくれた皆様もありがとう、お友達のおかげでヲタクが出来ています…

 

山田はJUMPの中ではお芝居を数多くやってきた方だし、彼自身もお芝居は好きだと言ってて、お芝居の話をしてるともの凄く色々考えてることが伝わってきて、この人はこれだけ頭良いのに何であんなに(学力的な意味で)バカなのかな~と本気で不思議に思う。←

演技は決して下手じゃない、というかむしろ上手だと思ってきた。バリバリ贔屓目ですけど間違ってはいないよね?!?!

 

だけど彼に来る演技のお仕事は土9とか24時間テレビとか、いわゆる(?)ジャニーズお抱え枠が多くて、バーターを抱えたり、バーターだったり、事務所の影を感じるものばかりだった。そうなると当然「主演・山田涼介」ありきの脚本であったり役柄が集まってきて、どんどん脇役では起用されにくくなっていき、キャラものであったり、"山田のための役・脚本"に縛られていった。とわたしは思ってる。ジャニーズならではで、一般的には評価されにくいから勿体ないなあ、と。

 

でもきっとこの、ある意味ジャニーズを背負って主役を張るってことも凄いことだと思うし、それはあの山田の人間離れした容姿とか演技力含めて、JUMPで山田にしかできない立ち位置だったんだろうなと思う(ようにしている)けど、話題の外部ドラマに脇役として出て、めきめき俳優として評価されていく裕翔くんとかを横目で見ていて、正直ちょ~~~羨ましくて仕方なかった。(笑)

 

そんなときに発表された『グラスホッパー』出演ですよ。

ついに念願の脇役!クールな殺し屋(好き)!!ほぼ外部!!!*1浅野忠信て!ほんまもんや!!伊坂幸太郎原作て!ほんまもんや!!!!

って感じで、すごくすごくすごーく嬉しかったんです。

 

 

 

そして、一足早く本編を見て言えることは、山田はいつもいつも期待以上で応えてくれる本当に凄い人だなってことです。

 

舞台挨拶では、キャストの皆さんが「山田くんは凄い」と褒め殺しで、斗真先輩が先輩の風を吹かせるため(後輩の芽を摘むため?w)に言った「この映画は山田にかかってる」も、まさかのあながち間違いじゃないみたいな雰囲気。

相棒の岩西役を演じたムラジュンさんは「初めて会った時に(相棒役として)イケる、と思った」とも仰ってくださってました。

ほとんど山田担で埋め尽くされて、アイドル山田の一挙手一投足に歓声があがるような会場だったけど*2、監督・キャストの皆さんは山田を俳優として見て、認めてくれてるのが伝わってきました。

 

そして本編を見てそれを身を以て実感。

スクリーンに映っているのは山田ではなく完全に蝉。めっっちゃかっこいい。一緒に行った友達(元高木担)もかっこいいって言ってたから多分間違いない。蝉様圧倒的にかっこよくてちょっぴりキュート?で最高だからァ…

 

わたしは原作を先に読んでいると違いばかりが気になってしまうタイプなこともあり、映画を見てから原作を読む、その後にまた映画を見る、と決めていたので、原作とのイメージがどうとかそういうことは現状一切分かりません。

蝉っていういかにも人気のありそうな役柄、本格派俳優の中に1人キラキラ若手アイドル、悪い意味で注目されてしまう要素はたくさんあって、実際に「蝉が山田くんはイメージと違う」といった声も聞いてきたけど、そういった声も注目もすべてプラスに変えられるような演技・存在感なんじゃないかなと思いました。(贔屓目)アクションはもちろん、細かい表情であったり目の演技、感情の表現にまでゾクッとした。

 

山田は何度か『探偵学園Q』をもう一回やりたい、今なら違う表現が出来ると思うからって言ってて。これまで主役で培ってきた経験を、満を持して脇役として、思う存分爆発させたんじゃないかな、って感じ。

 

色んな人が言っているように山田涼介の新境地、が拓けるかもしれない。

これまで彼のファンをしてきて、たくさんの色んな景色を見せて貰ってきたけど、ここにきてまた凄いものが見れちゃうかもしれないって思った。映画を観た関係者様?が言ってくださっていた「俳優・山田涼介、世界に羽ばたきそうな予感」ってやつ、ありえない誇張表現ではないと思う。

彼がどんな思いで蝉を演じたか現時点では全く分からないけど、山田はどんな仕事にも全力で取り組んで、期待よりはるかに高いところから新しい景色を見せてくれる本当に凄い。

色々考えてるタイミングではあるけど、ここまで応援してきて、山田担としてこの瞬間を見れてよかったなって思いました。担当に似て激重でーす(^o^)v (ピース)

 

 

映画としては、わたし語り厨のくせして、感受性、表現力、語彙力全てが乏しくて感想文とかがめちゃめちゃ苦手なのでアレだけど、これも今までの山田の出演作とは一味違う面白さのある映画だなと思います!

少し腑に落ちない部分もあるものの、翌日まで色んなシーンを思い返して世界観に引きずられてました。浸っていたくてバイトに行くのがだるくて仕方なかった。とにかく衝撃的で圧倒されます。あと思ったよりも結構バイオレンスでグロいので苦手な方は注意したほうがいいかも。わたしはほとんど平気でした←かわいくない

 

早くもう一度観たくて公開が1ヶ月以上後なのが悲しいくらいだし、原作を読んでから観るのも楽しみです。とにかくたくさんの人に見てほしい作品だし、たくさんの人に見てほしい山田涼介です。

この歳になるとHey!Say!JUMP好きっていうの正直恥ずかしいからいつもはひた隠しにするけど、今回ばかりは「こちらが!わたしの!!自担です!!!」って言いふらして歩きたい(最低)。

 

大ヒットして、たくさんの人に見てもらえますように!あーあ、ファンが1億人増える!!!!!!!←

 

 

*1:生田斗真先輩はほぼ俳優なのでもうほぼ外部扱い

*2:山田本人は緊張もあってか控えめに行動しているように見えた